ピカント

「1年間無料」だけじゃない、楽天モバイルのキャンペーンまとめ

返還率モバイル機器 – 15429

プラン月額【半年間 0円】。

Group site links

目次 スマホ決済の基本 スマホ決済は大別すると2種類 利用する決済手段はさまざま スマホ決済はポイント還元率に注目 主なスマホ決済サービスの特徴をチェック 1。 Apple Pay 2。

カード決済端末系のスマホ決済大手4社の比較表

日本では年頃からサービスが開始されたスマートフォンに小さな機器(クレジットカードを読み取る)を連携させるスマートフォン決済、いわゆる 「スマホ決済(モバイル決済)」の導入が急激に増えており、さらに年以降にPayPayやLINE Payが数百億円規模のキャッシュバックキャンペーンを行ったことでユーザーへの認知が一気に広がりました。 日本では主に大手7社が店舗事業者向けにサービスを展開 しています。カード決済においては 手数料やサービス内容がほぼ横並び で、QRコード決済では 手数料無料のキャンペーン を実施しており、店舗事業者はどのスマホ決済の会社に決めるべきか?判断基準を見つけるのが難しいかもしれません。 本日はインターファクトリーでWEBマーケティングを担当している筆者がこれから店舗向けキャッシュレス決済の導入を考えている方向けに 「スマホ決済」について解説 いたします。 まず、スマホ決済(モバイル決済)という言葉は、実は曖昧で STORESターミナル(旧:Coiney) のような「カード決済端末」のことも指しますし、 PayPay や LINE Pay のようなQRコード決済のこともスマホ決済と呼びます。また、本日は触れませんが「Apple Pay」や「Google Pay」などスマホを使って決済することを総じて「スマホ決済」と呼びます。

スマホ決済は大別すると2種類

ITmedia Mobileにおける1週間の記事アクセス数を集計し、その上位10記事を紹介する「 ITmedia Mobile Weekly Top10 」。今回は年6月1日から年6月7日までの1週間について集計し、まとめました。 前回のランキング と同様に、今回の集計期間も1位はスマートフォンで「特別定額給付金」を申請する方法を紹介する記事でした。以下、2位にはPayPay(ペイペイ)のキャンペーンを告知する記事、3位にはau PAYアプリに統合された「Pontaポイント」機能をレビューする記事がランクインしました。 前者については、ユーザー(客)が決済をしようとアプリを開くと、再度ログインを求められたり、ユーザー側の通信が不安定でコードが表示できかったり(あるいは店舗のQRコードを読み取ってから決済に遷移するまでに時間がかかったり)ということで、 現金よりも回転が悪くなる という問題です。「うちの店はカードや電子マネーも使えて、そっちの方がスピーディーだから、スマホ決済はもういいかな……」という声もあります。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。