ピカント

詐欺横行 - シゲタトラベル - 日帰りツアー

送金手数料コロニークラブカジノ – 7001

尚、欧州域内では、フランスの指導により各国オンライン賭博規制者間での二国間協定が締結されつつある(仏ARJEL~伊AMMS、英Gambling Commission~仏ARJEL等)。これは市場をお互いに共通化するという連携ではなく、あくまでも情報交換、規制機関同士での協力等になるが、違法ウエッブサイトのブラック・リスト化、摘発とブロック、規制の在り方等に関し、欧州域内で協力する関係ができつつあることを意味している。またこれと共に、年6月には4ヶ国のオンライン規制者(フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル)が規制者会議を開催し、やはり協力と協調を確認しており、インターネット賭博規制者間での横の連携・協力が実現しつつあり、これが新たな欧州内の枠組み形成に影響を与える側面も生まれつつある。

IR*ゲーミング学会

上記の他にも過去類似的な法案を継続的に提出してきたHarry Reid議員 民主党、ネバダ州)がKyl議員(共和党、アリゾナ州)と共同で年に法案を提出するという動きもあったが、様々な反対に合い、失敗し、法案は上程されていない。尚、年の連邦議会では、宗教団体National Association of Evangelicals並びに Southern Baptist Convention等 が反対勢力として登場し、ネット賭博立法化に強烈に反対する政治的なオルグを実施したという経緯もある。政治と共に様々な宗教団体や民間団体の反対運動がありうるということになり、この意味でも単純ではなさそうである。 では実際のインターネット・ポーカーは米国内でどのようにスタートしたのであろうか。最初のポーカーサイトはUltimate Pokerになり年5月1日よりネバダ州内の住民を対象としてネバダ州で開設された。サイトはultimatepoker。 さて、UIGEA(「違法インターネット賭博執行法」)制定後ほぼ7年が経過したが、現状の米国はどうなっているのであろうか。米国民のインターネット賭博志向、特にインターネット・ポーカーに対する志向はかなり根強く、UIGEA法制定に拘わらず、米国人によるインターネット賭博参加者は増えてこそすれ、減っていなさそうである。法制定後は、一端市場は縮小したが、何のことは無い、元に戻りつつある。制度の枠組み自体に一貫性と整合性が無く、法の執行も完璧にはできないために、国民の自由な行動を規制できない状態が生まれてしまった。この意味では極めて不安定だが、米国内において、ネット賭博は隠れた市場を構成してしまっている。年から年の間に、約1,万人以上の米国人がオンライン賭博に参加し、億㌦を消費したという調査データもある(出所:H2 Gambling Capital, National Survey Report )。 米国では年に制定された連邦「有線法」の規定が連邦司法省により広く解釈され、これがあらゆるインターネット賭博を禁止し、取り締まる制度上の根拠とされてきた。この有線法とはもちろんインターネット等が無い時代の法律で「スポーツ・イベント、競技に関する賭け事、賭博行為に関し、州際間で有線施設を用いて当該賭博行為に関する情報伝達をする者を処罰する」という半世紀前の法律規定である。州法で規定する競馬等のスポーツ・競技賭博に関し、電話・電報等の手段を用いて他州から賭け行為を促し、顧客を横取りすること等を禁止することが本来の目的でもあった。当時は犯罪組織がかかる行為に関与していたという議会証言がある。米国では賭博法制を認めるか否かは連邦政府ではなく、原則州政府の管轄になり、連邦法上の規定は例外的なのだが、この古色蒼然とした曖昧な連邦法の規定が拡大解釈され、サイバー世界におけるインターネット賭博を取り締まる根拠として主張されてきたわけである。A地点とB地点との間で情報伝達をする電話、電報等の施設が有線施設ということなのだが、電線等必要もないインターネットも所詮情報伝達の手段ではないかというかなり一方的な解釈になってしまう。ところが年12月23日、連邦司法省・法制局は、年にニューヨーク州及びイリノイ州から提起された法務解釈開示要請に対する見解(リーガルオピニオン)を発表、従来同省犯罪局が採用していた見解を大きく修正する立場をとることになった(年9月20日付連邦司法省・法制局(Office of Legal Counsel)の司法長官補による同省犯罪局にあてた法律上の解釈見解書で「ロッテリー・チケットを州内の成人に販売するためにインタ-ネットを使用し、かつ当該取引処理の為に州外の事業者を起用することが連邦有線法に違反するか否かに関するイリノイ州およびニューヨーク州の質問に関する法務意見書」。但し、公表は同年12月末となった)。 もっとも、その後共和党から民主党に政権交代となり、この法律に反対する超党派の議員たちは、法が施行される前の時点で、この法の執行を年12月まで延期させるとともに、新たに、オンライン賭博を規制した上で認める法案を議会に上程しようとした(成立すれば上記法律に代替され、禁止ではなく、逆に規制の対象にして、認め、税金を徴収するという考えになる。後述する如く、この法案は審議の目途はたたず、廃案となった。年の法案審議途上の委員会では、UIGEAに拘わらず、米国人は年億㌦の資金をオフショアのネット・サイトに預託し、億㌦以上の賭けをしたという発現が賛成派議員よりあった。正当に課税すれば億㌦の税収になったという。)。この法案は、「インターネット賭博規制・消費者保護及び税執行法案」(下院法案号 )(Internet Gambling Regulation and Tax Enforcement Act)と称し、議案の発案者は上院財政サービス委員会の委員長である民主党のバーニー・フランク議員並びに共和党ピーター・キング議員である。時代は、民主党、オバマ政権となり、ネット賭博を規制した上で認めるのか、あるいは現行法通り、禁止するのかに関しては米国議会でも議論は割れ、どっちにころぶのかは微妙な状況でもあった。尚、昔から、民主党リベラル派は、賭博行為は禁止ではなく、許諾し、規制の対象にすべしという風潮が強い。

Honey Rushの無料ゲームはここ

インドは女一人旅で6回訪れていますが、デリーinもしくはデリーoutのことが多いので、必ずシゲタトラベルさんにお世話になっています。 鉄道チケットの手配、専用車(デリーで大量にお買い物するので)などな。 今年は行けませんでしたが、毎年2月末にインドに行くときにお世話になっています。 訪問した月に年2月がなかったので年になってます とても信用できる旅行会社です。日本語も流暢でスタッフも。 ちゃんとシゲタトラベルに行けば、お手頃価格でよい旅行やサポートが受けられます。 シゲタトラベルを名乗った詐欺も横行してるようなのでオートリキシャーの言ってることは無視して下さい。私もネタで行った、リキシャー曰くガバメントのツーリストデスクでの最初に提示された金額の少し盛って約4分の1くらいで列車や飛行機の手配をしていただけました。 シゲタトラベルさんは事前に銀行振り込みできるので余分な現金を持ち歩く必要がありません。 空港出迎えとニューデリーのホテル、アグラ一日の手配をお願いしました。アライバルビザのため、ドライバーさんと出会えるか心配してましたが間違いなく私の名前の紙をもって待っていてくれました。事前に小額紙幣中心の万円分の両替を頼んでましたので、車の中で交換してもらえました。 アグラ1日では、デリー駅の電車の座席まで送ってもらえ、アグラ駅の到着ホームにはドライバーさんが私の名前をもって出迎えてくれました。タージマハルではガイドにだまされないようにとアドバイスを頂き、駐車場からチケット売り場までのリキシャも手配してくれました。往復100ルピーですが、私には歩けない距離なので助かりましたし、リキシャのおじいさんからもガイドにはだまされないようにとアドバイスをいただけましたのでよってくるガイドらしき人々を無視して入場しました。2時間観光して、アーグラ城1時間半くらい、食事はマヤホテルで、メインバザールのレストランより少し高いかなっていう程度でした。イティマドウッダウラーなど観光して天候が悪かったので早めにデリーにもどりました。ドライバーさんは軽くお土産屋関係の話をしてきますが、興味がないのよと断るとそれ以上はなく一軒も立ち寄りませんでした。よいんではないかな。 デリーで時間ができたので、シゲタのラジェンダさんに紹介してもらったアーユルヴェーダにシゲタのスタッフの方につれて行ってもらいシロダーラを含めたマッサージをお願いしました。日本では簡単には体験できないからよかったです。シャワーはホテルに戻ってからゆっくり。 最終日の空港に行く寸前に私のミスでスーツケースにトラブルがあり、ラジェンダさんに助けていただきました。帰国できなくなるかとあわてましたが、本当に助かりました。 というわけで女性の一人旅や、年配の方にはお勧めです。トラブルは自分自身が起こしますから助けてくれるラジェンダさんは心強いです。 初めてのインドで、シゲタトラベルさんにツアーをお願いしました。親切丁寧な対応で接客していただきました。問題なく、一人旅を終えることができました。 あと、シゲタトラベルさんからのおススメ情報、穴場スポットとか提案があるとなおグットだと思います。 日本からメールで問い合わせをして、空港送迎、ドライバーさんの手配、列車のチケットの手配をお願いしました。 メールの返信も早く、的確なアドバイスをいただくこともできました。 デリーに到着後、ラジェンダさんにお会いしましたが、ビールの飲める美味しいお店を教えていただいたり、また、手配したドライバーさんは安心して利用できたか、など色々と気配りをしていただいて、とても助かりました。 スタッフの方々も好感が持てました。 次のインド旅行でも、またシゲタトラベルにお願いするつもりです。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。