ピカント

ブックメーカーは違法なのでは?国内から賭けてもセーフっぽい理由。

カジノ適法性テニスベット – 25806

もともと、ヨーロッパで生まれた賭博ですが 徐々に日本国内でも地位を確立してきており、 ここ数年では、 国内人口も爆発的に増えているらしい です。

カジノ合法化とIR導入はまたとないビジネスチャンス

ブックメーカーというサイトはご存知ですか? 私は最近知りました。 ブックメーカーとは、簡単に表現すると、 スポーツの勝敗にリアルマネーを賭けることができるサイト です。 ブックメーカーは何もスポーツの勝敗だけじゃなくて、いろいろなものに賭けることができます。 (スポーツは、野球、サッカー、テニス、ラグビーなど、人気のあるスポーツはだいたい対象になっています。 野球は、なんと、日本のプロ野球にも賭けることができます。)。 知識がある人なら、投資にも使える可能性はあるかもしれないですね。 たとえば、次はどっちのスポーツチームが勝つか、予測できる人。 こういう人は、ブックメーカーに参加してみるのは一興かもしれません。 案外、スポーツベッティングだけで生活できちゃうかもしれません。 (スポーツチームにBetすることを、スポーツベッティングと言います。)。 日本では、憲法では一応、 「賭博行為」 は禁止されていますよね。 実際に憲法を確認してみますと、 刑法条には。 これについては、私もいろいろ調べてみたんですが、 結局のところ、 今のところブックメーカーは、 黒でも白でもない っていうのが、現状みたいですね。

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

こんにちは!ベスカジ編集部の華麗夏恋です。 今回は、 「 ブックメーカーとは?始め方から違法性まで 」 について紹介していきます。 ブックメーカーとは、 海外では政府公認で合法的に運営されており、リアルマネーを賭けることができる賭け屋 です。しかし、日本では基本的に公営ギャンブル以外の賭博行為は禁止なので、ブックメーカーで遊ぶことは違法にならないのか不安に思う人もいることでしょう。 ブックメーカーとは、 簡単に言うとスポーツ賭博 です。賭博と聞くと不安に思うかもしれませんが、 海外の賭け主催会社がライセンスを得て、合法的に運営しています。 ブックメーカーが生まれたのは、18世紀末のイギリスです。ニューマーケット競馬場でハリー・オグデンという人が競馬の賭け屋を始めたのがきっかけになりました。

ブックメーカーとは?海外スポーツベッティングの魅力について徹底解説!!

本論に移る前に、事前知識として世界でどれほどスポーツベットが盛んに行なわれているか、シンガポールやラスベガス、アメリカ各地の事例をもって解説させていただきたい。 先日「不可解な判定負け」と報じられた、村田諒太のWBAミドル級王座決定戦。この試合は東京・有明コロシアムで行なわれたが、比較的重量の大きいクラスのタイトルマッチはラスベガスのカジノで開催されることが定番となっている。では、その理由はご存知だろうか? それは、「勝負ごとの好きな富裕層」というボクシングが抱えている顧客層が、カジノが積極的に誘致したい顧客層と重複していることに起因するものだ。 近年では、中量級のボクシングのタイトルマッチは、アジアにおけるカジノの一大市場であるマカオのカジノが積極的に開催誘致を行なっている。この種の大きな格闘イベントの興業主にとって、完全に「売り手市場」ができあがっているのだ。 格闘技のみならず、モータースポーツの世界でも同様のことが言える。マカオ、モナコ、そしてラスベガスと、世界には複数のカジノが集積するカジノ都市がいくつか存在するが、これらカジノ都市が同時にマカオGP、モナコGP、そしてNASCARと「モータースポーツの聖地」であることは偶然ではない。先にご紹介した格闘技と同様に、モータースポーツの抱える顧客もまたカジノが喉から手が出るほど欲しい「勝負ごとの好きな富裕層」に該当する顧客層であり、各カジノ都市はその種のモータースポーツイベントの誘致を積極的に行なっている。 我が国よりも先行する形でカジノ合法化を果たし、年に二軒の統合型リゾートが開業したシンガポールでは、それらの施設の開業に先駆け年からシンガポールGPが開催されている。当然ながら、これも同国のカジノ合法化と連動した動きだった。我が国においても格闘技やモータースポーツなどカジノと親和性の高いコンテンツを保有している興業主にとって、今回のカジノ合法化と統合型リゾートの導入はまたとないビジネスチャンスであるといえるだろう。 次に挙げられるカジノとスポーツビジネスとの連携可能性が、スポーツアリーナ開発とカジノの連携であろう。 現在、アメリカンフットボール業界で最もアツい注目を浴びている話題のひとつは、レイダースのラスベガス移転だろう。レイダースは、アメリカで圧倒的な人気を誇るスポーツ興業であるNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)に所属するフットボールクラブ。今年に入って、長らく本拠地としてきたカリフォルニア州オークランドから、ネバダ州ラスベガスへ移転することを正式に発表した。 レイダースがこれまで本拠としてきたオークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアムは年完成の伝統あるアリーナだが、長年の使用による老朽化が大きな問題となってきた。アリーナ建て替えの費用確保も難しい中で持ち上がったのが、ラスベガスへの移転だ。 ネバダ州の州議会は、レイダース移転に伴うスタジアム建設に必要となる17億ドル(1,億円)に対して、およそ45%に相当する7億5,万ドルを上限とする公的資金投入を約束した。これが決め手となり、今年3月に行われたオーナー会議においてネバダ州ラスベガスへの本拠地移転が決定した。ラスベガスではこれより急ピッチでスタジアム建設が進められ、早ければ年には「ラスベガス・レイダース」が誕生することとなる。 ちなみにこの他にも、実はラスベガスでは昨年末にNHL(北米・プロアイスホッケー・リーグ)に所属する新チーム「ゴールデンナイツ」の組成も決定しており、現在、プロスポーツチームの誘致ラッシュといっても良い状況だ。当然ながらこの公的資金投入の背景にあるのは、州政府に豊富な税収をもたらしている域内のカジノ産業の存在であるのは間違いない。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。