ピカント

日本のカジノのお手本!?カジノ・オブ・ザ・イヤーを授与したスイスのグランカジノ・ルツェルン

賞スイスのカジノ – 49779

スイスでも人気の観光地として知られる「ルツェルン(Lucern)」は、 スイス最大の都市「チューリッヒ」から列車で1時間程度で行ける、ゆっくりとした時間を過ごせる自然豊かで上品な街です。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

Mという方が、 約1億万円 を獲得しています。 インターカジノ 4年連続で雑誌「ギャンブリング・オンラインマガジン」のトップオンラインカジノ賞を受賞。日本人に大人気。 年7月に日本人プレイヤーが 約7,万円 を獲得。スマホやビットコインにも対応。 ベラジョンカジノ 早くからスマホ対応していて日本人に人気。年に 約4億円 のジャックポットが出ています。スマホやビットコインにも対応。 パイザカジノ 年4月に日本人最高獲得賞金額となる 約1億万円 のジャックポットを出しているカジノ。スマホやビットコインにも対応。

オーストリアのカジノと海外における事業(2)

ヨーロッパの多くの国では、国内のランドカジノには行かずに、外国のオンラインサービスを利用するという、自国のGDPとしては面白く無い展開がずっと継続している傾向にあるが、スイスは、今回の賭博法の規制強化と共に、オンラインサービスを解禁。自国の4事業者のみにその権利を与え、外国への流出を防ぎたいようだ。 今後は、権利を与えられた4事業者が提供するカジノゲーム(ポーカー、ルーレット、ブラックジャック)がオンラインで営業される予定。追加のゲームに関しては、連邦ゲーム事業者監督委員会(CFJM)の承認を得られれば提供できる模様。 年7月1日の施工日以降は、4事業者以外の海外オンラインサービスのアクセス制限が進み、本格的な運用がスタートしそうだ。 ワールドカジノナビ カジノニュース スイスでオンラインカジノが解禁へ。4つの事業者のみが提供可能に。

100年カジノ – その歴史と理念・文化、そして戦略 – カジノ・オーストリア(2)

オーストリアAGは、グループ会社として海外におけるカジノ事業展開を担うカジノ・オーストリア・インターナショナル(CAI)を含む合計5社を傘下に収めている。他の4社とその事業内容は次の通り。 ・オーストリアン・ロタリー ロトくじの運営 ・TIPP3 サッカーやアイスホッケー、F1、アルペンスキーの勝敗などを当てるスポーツベッティングの運営 ・WIN2DAY・AT パソコンやモバイル端末によるオンラインカジノゲームの運営 ・WINWIN スロットマシンと同様のゲームがプレイできるビデオ端末を設置した店舗(バーや飲食店を含む)の運営。 大規模な海外展開を推進 カジノ・オーストリアが国内だけでなくさらに海外にも展開していくことになるきっかけは、1976年にオランダ政府からの要請を受けてカジノ産業の立ち上げに協力したことだった。 その翌年の1977年、国際的な事業活動に本格的に着手するために100%子会社のカジノ・オーストリア・インターナショナル(CAI)を設立した。 現在、ヨーロッパで最大規模のカジノ事業開発および運営企業である。カジノ・オーストリア・グループ全体で約5300名の常勤スタッフがいるが、そのうち約3000名がCAIに所属し世界各地のカジノの運営を支えている。 ヨーロッパ9カ国(ベルギー、チェコ、デンマーク、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、セルビア、スイス、英国)のほか、アフリカ(エジプト)、北米(カナダ)、オセアニア(オーストラリア)、中東(パレスチナ自治区)まで、CAIのネットワークは世界14カ国35カ所に広がっている。 その中には6隻の豪華クルーズ船に設けられたカジノも含まれる。施設の規模は大小さまざまで、地域の特徴に配慮しつつ対応し、世界各国でカジノ事業を成功させてきた実績を持つ。 現在、カジノ・オーストリア・グループのカジノによる国内と国外の売上比率は、ほぼ1対1となっている。毎年1月にロンドンで開催され、「ゲーム産業のオスカー賞」と呼ばれる国際ゲーミング賞で、CAIは2011年と2012年に連続して「ヨーロッパにおける最高賞」を獲得した。 このゲーミング賞は2008年に創設されたもので、CAIは2008年と2009年にもやはり2年連続で最高賞を、2010年には「社会貢献賞」を受賞している。 カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト > 運営方針はこちら。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。