ピカント

ピカント

出金慰安婦橋下スロット

同関係者は「 日本軍慰安婦問題は過去、日本の帝国主義の膨張過程で広範囲で行われた戦時の性暴力行為 」と指摘。「 重大な人権侵害であるとの共感が国際社会に形成されている 」と述べた。… /.../

ピカント

で過ごす夜新世代ギャンブル

ギャンブル依存症 の克服を目指す人たちが共同生活を送る「グラフ・ながさき」を長崎市に開設して3年余り。施設長として支援にあたる菅公臣さん(47)は、依存症に苦しんだ自身の過去を語りながら、仲間の背中を押し続けている。… /.../

ピカント

実践動画シドニーカジノ

バンコクで開かれたとある酒宴の席で、小田遼太郎氏が発した自己紹介の一部である。この言葉を聞いた参加者たちはざわめき、全員の視線が彼に集中した。 小田氏は世界各国を廻りながらカジノでポーカーをプレイし、日銭を稼ぐ生活を送っていると話す。 カジノといえば数年前、億円をカジノに投じた大王製紙の前会長、井川意高氏を思い出した。彼は億円すべてをカジノで溶かし、特別背任罪で懲役を食らった男である。カジノに没頭すると井川氏のようにどんどんと負けが込み、抜け出せないイメージを持つ人もいるだろうが、小田氏はポーカーだけをやり続けてさえいれば、巨額ではなくとも世界を旅する程度なら稼ぐことができているという。 私が彼に出会ったのは酒宴の席。 酔いが回れば、私だけにポーカー必勝術をこっそり教えてもらえるんじゃなかろうか。そんな浅ましい思いが胸によぎったが、ポーカーのルールすら知らない私が、話を聞いただけで簡単に勝てるはずがないのは明白。しかし、彼から話を聞いていると勝てる方法はあるらしい。 非常に興味深い。 今回小田氏には、彼の半生に始まりカジノを始めたきっかけ、またカジノでの旅についてを執筆してもらった。… /.../