使いやすさ

カジノの街ラスベガス。スマホショップへ導くのは歌うタクシードライバー!?【山根康宏のケータイ西遊記:第18回】

スマホ対応ラスベガスカジノ – 23041

日本人は、電車など通勤途中に、暇な時間をスマホアプリでゲームを楽しんでいますが、海外では、オンラインカジノやブックメーカーで遊ぶのが主流になっています。課金アプリが海外で流行っていないのも頷けますね。 という事で、本気でスマホ対応の人気オンラインカジノをまとめてみました。

Slots™ – ラスベガスカジノスタイルのスロットマシン

ラスベガスでカジノができる主な場所 は、ホテルが立ち並ぶ「 ストリップ 」こと ラスベガス大通り か ダウンタウン のアーケード街。より 安全にカジノを楽しむ なら、断然 ホテルがおすすめ です! ラスベガス名物である多くの ホテル では、 1階がカジノエリア になっています。これはチェックインの際や客室に行く時に、 宿泊客が必ず通る経路 なのです。 客室には冷蔵庫が付いていない ことも珍しくありません。他にも、面白い映画が部屋では見れなかったり、 Wi-Fi回線が遅い 場合があります。 イタリア・水の都ヴェニスをモチーフにした ホテルベネチアンは 、なんと客室が 全室スイートルーム ! セレブ気分で滞在 する事ができます。 When was the last time you enjoyed a gondola ride down The Grand Canal? VenetianVegas GrandCanal gondola。

ラスベガスのカジノって怖い場所なの?

CES が開催された米ラスベガス。24時間オープンしているカジノや、さまざまなショーを1日中体験できるリゾート地です。しかも繁華街(ストリップ通り)を中心にバスが走っており、車を使わなくても移動できるという、米国でも便利な街です。 これらのバスに乗るのに必要なチケットは、バス停にある自販機を使えばクレジットカードやApple Payで購入できます。ところが日本と違い、この自販機が故障していることがよくあります。バスの乗車時に運転手からチケットを買うこともできますが、高額紙幣は使えません。米国では多くのお店でクレジットカードが使えるので、バスに乗るために現金を用意するのも面倒でしょう。 でもスマートフォンのアプリを使えば、バスのチケットをクレジットカードで購入できます。ラスベガスのバスを運営するRTCのアプリ「rideRTC APP」では、2時間チケット(6ドル)、24時間チケット(8ドル)、3日チケット(20ドル)を購入できます。 アプリのインストール後は、メニューから「Buy Passes」を選択。ストリップを走るDeuxとSDXに乗るなら「Strip」を選択します。「Residential」はその他の路線バスです。次の画面で2時間、24時間、3日間を選択、続けて最初の利用時ならユーザー名とパスワード、クレジットカードを登録します。後は決定すれば購入が完了します。 バスに乗るときは、メニューの「My Passes」を開き、買ったチケットをタップ。グレイの表示で「INACTIVE」になっているのでタップしてACTIVEにします。するとその時間から購入した時間が有効期限となるわけです。なお、チケットは複数買っておくことも可能。有効期限は1カ月です。複数必要なときはあらかじめ買っておいて、使う直前にACTIVEにすればOK。そして画面の「Tap to reveal barcode」をタップするとQRコードが表示されます。

ミニマムベットを確認して好きなゲームを楽しもう

こんにちは。 Compathy Magazine ライターのOkkAです。 ラスベガスといえば最初にカジノを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか? カジノの聖地ラスベガスではホテルにカジノが併設されていたり、空港にスロットマシンがあるなど、至るところでカジノに触れる機会があります。 ギャンブルをやらない人はカジノに少し怖い印象があるかもしれませんが、一攫千金を狙わずに節度をもっておこなえばとても楽しめる場所なんですよ。 Compathyログブック(旅行記)『Las Vegas。 カジノで有名なラスベガス。ラスベガスのホテルは全てカジノホテルになっています。ホテルの1階がカジノフロアになっているので、いつでも気軽にカジノに行くことができますよ! 街のレストランなどカジノ以外の施設にもスロットが設置されていることもあり、まさにカジノの聖地です。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。