使いやすさ

フーコック島、カジノ事業承認へ

ギャンブルのカジノがフーコック – 57306

建設中のアミューズメントホテルは年に開業予定だという。主な投資会社は「Phu Quoc Tourism Investment and Development Jsc」であり、同社の株の50%はベトナム最大の民間複合企業Vinグループが出資している。

ベトナム、フーコック島に「コロナ・リゾート&カジノ」オープン

施設開発者は、Phu Quoc Tourism Investment and Development社。資本の半分は、ベトナム最大のコングロマリットであるVingroupが所有。 カジノ部門のマネジメントサービスは、オランダのUpffinity Gamingが担当。カジノ部門のデザインは、Steelman Partners。 IR施設の概要は、 ・投資額=21億米ドル ・ホテル群、飲食群、ショッピング、サファリアミューズメントパーク、コンベンショ、劇場など ・カジノフロア=18,㎡(テーブル台、スロット1,台)、24時間営業休みなし。 パイロット対象は、その権益性の高さゆえ、ベトナム資本主体プロジェクトが優先対象となる方向。 北部クアンニン省Van Don Economic Zone(開発者:ベトナム Sun Group)、キエンザン省フーコック島(開発者:ベトナム Vingroup)が対象となる見通し。 現在、ベトナムには、9つのディーラーカジノを備える統合型リゾートが稼働中。 ほとんどが小型施設であるが、東南部のバリア=ブンタウ省のThe Ho Tram Strip、キエンザン省フーコック島のCorona Resort and Casinoは大型IR。 ベトナム政府は、従前、ベトナム政府は、内国人のカジノ、電子ゲームパーラーへの入場を禁じてきた。 ベトナムのカジノ市場は、外国人のみ入場可能な状況下、年間3億米ドルほどと推定される(8つの統合型リゾート、20ほどのスロットパーラー)。

Corona Casino & Resort

resocasi さんのツイート。 ベトナム国内に初のベトナム人が利用できるカジノが1月19日の夜、開業する。コロナは地元の不動産開発企業Phu Quoc Turism Development and Investment Comapany JSC PQTD から業務委託を受けて、オランダ企業のUpffinity Gaming Management UGM が運営する。PQTDはベトナムのコングロマリットであるVingoup傘下の企業。同カジノは数々の大型カジノ施設の設計を手掛けるアメリカのSteelman Partners LLPが設計した。カジノは24時間営業で約20万平方ft(1万9,㎡)のフロアにゲーミングテーブル台、スロットマシンとエレクトリック・ゲーミングマシン各1,台を備える。ベトナムでは試験的に3年間、条件を満たす国民にカジノでのギャンブルを許可するプログラムを採用しており、コロナはその第1号のカジノとなる。同プログラムが適用される2軒目のカジノはハノイの東マイルほどのVan Donにオープンする予定。カジノを利用できるのは21歳以上で1か月あたり1,万ドン(ドル)以上の収入がある者に限られており、カジノを利用する際には別途入場料も必要となる。By Resocasi。 HOME レポート 掲示板 オフ会 プログラム イベント リゾカジの歩き方 特集・コラム 初心者のためのカジノ Facebook。 resocasi さんのツイート resocasi からのツイート。

ベトナム IR開発動向

旅行記グループ 年1月ベトナム・フーコック島。 ベトナムのツアー 全 件。 旅行時期 投稿日 いいね数 月を選択。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。