使いやすさ

マカオのカジノで、ブラックジャックを攻略するカウンティングを実践してみた。

ブラックジャック実践ベガスカジノ – 49691

ブラックジャックはトランプで行うカジノで人気の高いゲームの1つです。ルールもシンプルかつ簡単なので初心者でも遊びやすいことで知られています。 ペイアウト率もカジノゲームの中では最も高いことから、戦略を極めることで安定した収入につながりやすいことも人気の理由と言われています。

ベラジョンカジノでブラックジャックを攻略!勝つためのやり方とは?

ダブルエクスポージャー ブラックジャック(Double Exposure BLACK JACK)は、 ディーラーの最初の2枚が両方オープンになっているブラックジャック です。 今までのブラックジャックは、テーブル上のみのやり取りがメインでしたが、 ソニアブラックジャック(Sonya BLACK JACK)はなんとディーラーがいます! もちろんCGなのですが、きっと名前が ソニアちゃん なのでしょう。ライブカジノのように楽しむことが可能です。 ライブカジノのブラックジャックでは、 中継を通してディーラーとリアルタイムで勝負することができます。 ベラジョンカジノで遊べるライブカジノのブラックジャックは下記の通りです。

ブラックジャックの基本ルール

序盤は出ていないカードも多く勝ったり負けたりを繰り返して7〜8回目のゲームで残っているカードを予想していった。 これがなんと勝てる、勝てる。破竹の勢いで4連勝。元手10万弱があっという間に43万近く膨れ上がった。 ワールドカジノナビ カジノ体験談 マカオのカジノで、ブラックジャックを攻略するカウンティングを実践してみた。 今から4〜6年ほど前、友人が検証で当てた香港旅行に男3人で行くことになった。 二泊三日で一日目は楽しく夜の街に繰り出して満喫した。 いざ着いてみるとその迫力に圧倒された「これが本場か。」 私だけでなく友人も雰囲気に顔がこわばっていた。 そこで私はある事を思いだした。 それは以前漫画で見たブラックジャック攻略方法だった。 もうウハウハ、カジノ最高〜とか思っていた。 ここでやめればよかったのだが、つい調子にのってしまった。

カウンティングをしてみた結果

そしてその勝負は、個々のプレーヤー(自分を含めた他の一般の客)とディーラー(カジノ側のスタッフでトランプを配る人)との 1対1 の対戦形式で勝敗が決められる。つまりプレーヤー同士(客同士)は互いにまったく関係ない。 超初心者読者のために、もっと具体的にわかりやすく説明するならば、Aさん、Bさん、Cさんが着席しているブラックジャックテーブルにおいて、あなたも参加して合計4人でプレーすることとなった場合(ディーラーも含めると5人)、対戦は、Aさんとディーラー、Bさんとディーラー、Cさんとディーラー、そしてあなたとディーラーがそれぞれの手で勝負することになり、参加者同士は対戦相手ではないので、互いの手はまったく関係ない。  とにかくわかりやすい単純なゲームなので、まずは恐れずに参加してみるとよいだろう。以下は参加の手順だ。 この 「賭け金を決める」 という動作は、自分の目の前のテーブル上の指定された位置(多くの場合、丸や四角、もしくはそのカジノのロゴなどが描かれている場所)に賭け金を置くという行為で、それがゲームへの参加の意思表示となる。 ディーラーに配られた 2枚のカードのうちの1枚は全員に数字が見えるように表向きに配られる。この見えているほうのカードのことを 「アップカード」 というが、実戦でこの言葉が使われることはないので、この言葉をあえて覚える必要はまったくない。 以下の写真で言えば、手前がディーラー側で、指が見えているほうがプレーヤー(客側)、赤く見えるものがプレーヤーが置いた賭け金、そして「 ハートのQ 」がディーラーのアップカードということになる。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。