使いやすさ

カジノ施設への入場回数制限及びマイナンバーカード等を使った本人確認 ~我が国のIRビジネス参入における法制度上の留意点(5)~

日本の法案オランダカジノ – 15549

次に、シンガポールの「マリーナ・ベイ・サンズ」。3つ並んだ57階建てホテルの屋上に、長さ300メートル、ジャンボジェット機4機が入る船のような形の広場が設置されている、極めてユニークな外観の施設です。8年前の2010年に開業し、年間4500万人が訪れるということです。 運営事業者によると去年1年間の売り上げは、31億5400万ドル。日本円に換算して3300億円余りです。

オランダ:Holland Casino 民営化プロセス 消費者庁が一段の競争原理導入を提言

近年、カジノギャンブリングの合法化は世界的に顕著に広がりをみせており、外貨収入・観光事業の発展など各国において様々な背景からカジノは法的・社会的にも認知され、合法化した国や合法化に向けて歩み始めている国々もあるほどです。 それは、合法化によって得る「財政収入の増加」「犯罪の排除」などのメリットが大きく、また、近年に法制化・導入した国では導入前より治安が良くなった等、健全な娯楽レジャー産業のひとつとして認識されていると言えます。 イギリス/年に賭博法が施行。 「ギャンブルはコントロールすべきであるが、禁ずるべきではない」と言う考え方からカジノを解禁。 オランダ/年に公社を設立。 違法・無法カジノの排除と国家歳入財源の確保の観点から公営カジノとして解禁。 アメリカ/年ネバダ州で合法化。 州財政収入の確保や少数民族の自活などがありますが、当時暗躍していた賭博による組織犯罪の排除も社会的に大きな要因と云われています。 カナダ/年アルバータ州で合法化。 社会福祉の財源を確保することと、隣接国 アメリカ合衆国 とのFTAによる競合が背景と云われます。

カジノ合法化による利点と問題点

この事態を鑑み、年にカジノのライセンスを監理監督する「ゲーミング・コミッション」や「ゲーミング管理委員会(GCB・Gaming Control Board)」が組織され、「犯罪に関わりある人物の徹底排除」や「マネーロンダリングへの厳格な取締り」を行い、犯罪組織の影響を払拭することができました。 また「ギャンブリング・コミッション」というカジノ運営の監視と監督する委員会を発足し、法制の強化に努めています。 イギリスでのカジノは、賭博の管理を目的に「会員クラブ制」を軸に「48時間待ち会員登録制」「ドレスコード(服装規定)制定」「クラブ内アルコール提供禁止」「ゲーム台数や賭け金上限の厳格化」でカジノを適正に運用されるよう規制しています。 現在、我が日本国においてもカジノギャンブリングを合法へと法制化を国会で検討審議されていますが、これから日本で「カジノの合法化」によるメリットと、取り沙汰されているデメリットを以下に列記します。 ここで列記された内容は、各関係団体や関係文献などで見受けられる事項を引用・集約したもので、殊、カジノギャンブリングのみにフォーカスしています。 カジノギャンブリングは、プレイヤー(利用客)に多くの勝つチャンスを与えながら、ゲームを長く興じてもらう事で確実に収益を上げることが出来る仕組みになっています。 それは、運営側(ディーラー側)は少量の勝ち金控除率で運用することがカジノ規定ですが、ギャンブルとして僅かに有利となっているため、プレイヤーの利用時間数に相応して勝ち金控除で得られる金額が増えるということです。 文献にあった例として、オランダのアムステルダムにある「ホーランド・カジノ」での収益を挙げます。 税収効果の他にカジノ運営にはレジャー施設運営において重要な貢献性があります。 ラスベガスやシンガポールのようなカジノ施設を含む「統合型リゾート」は、これまでにも日本国内にあった「複合型レジャー施設」と比べて、以下の事項に挙げるとおり、一般的にカジノによる収益性が高いことと云われています。 ギャンブルでよりリスクを懸念される問題が「依存症」です。 ギャンブルは、回数を重ねる事で自己制御を失い、次第に生活に悪影響を及ぼし、それが現実逃避の唯一となり、強いては絶望にまで自殺思考にまで堕ちてしまう病気となる人が少なからずいます。

【前述・要約】主な国のカジノ合法化の目的と理由

本稿に関して、より詳細な内容や関連資料等をご要望の場合は以下までお問い合わせください。 IR(統合型リゾート)ビジネスグループでは、Deloitteのグローバルネットワークを活用し、海外事例等を踏まえたIRビジネスに関連する幅広い調査・分析を行っています。 IR(統合型リゾート)ビジネスグループ info-irbg tohmatsu。 IR(Integrated Resort:統合型リゾート)実施法の審議開始から免許交付までの間に、IRビジネスグループでは参入を目指す日本企業に対し、さまざまなアドバイザリーサービスを提供します。 オペレーショナルリスク・プラクティスの日本責任者、IR(統合型リゾート)ビジネス・プラクティスの責任者を務める。 公認会計士、公認内部監査人、公認不正検査士。 年公認会計士登録。 【オペレーショナルリスク・プラクティス】 15年以上にわたり、リスクアドバイザリー業務に従事し、オペレーショナル・リスク領域のプロジェクト責任者を多数務める。 専門分野は、コーポレートガバナンス、内部統制、内部監。 目次 カジノ施設への入場回数制限及びマイナンバーカード等を使った本人確認措置が講じられる IRビジネス参入においては、入場規制等を考慮した上での事業計画の検討が必要となる ギャンブル依存症(賭博依存症)関連記事 連載「我が国のIRビジネス参入における法制度上の留意点」のアーカイブ IRビジネスグループとは IRビジネスグループのアドバイザリーサービス IRビジネスグループの最新活動 プロフェッショナル 関連トピック。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。