革新

クレジットカードの選び方、クレカの専門家が教えます

を選ぶべき理由マスターカード – 53915

クレジットカードと一口にいっても、国際ブランドやカード会社、クレジットカードのランクなど、種類はさまざまです。初めてクレジットカードを持とうと思っても、その種類の多さにどれを選ぶべきか悩んでしまう人は多いのではないでしょうか。クレジットカード選びで失敗しないためには、どのような種類があるかを踏まえたうえで、自分にぴったりのものを比較してピックアップすることが大切です。 そこで今回は、クレジットカードの種類に関する基礎知識をご紹介します。

国際ブランドとは? どの店舗で使えるかを示すマークのこと

クレジットカードのプロともいえる、カード会社の担当者の意見に基づいたクレジットカードの選び方を解説します。 クレジットカードのどのようなポイントに着目して選ぶべきか。また、利用目的やライフスタイルによって、どのようなタイプのクレジットカードがおすすめなのかについてチェックしていきましょう。 クレジットカードは、利用者がカード会社と契約を結ぶことで使えるようになります。 クレジットカードの発行には、各カード会社が設けた審査を通過する必要があり、カード利用者はカード会社から信頼される形で、クレジットカードを利用できるようになるのです。 利用者が加盟店である店舗やオンラインショップでクレジットカード決済をした場合、その金額を後払いという形でカード会社に支払うことになります。 まず、 プリペイドカードは、利用者があらかじめカードに現金をチャージして使用することになります。 チャージ金額の範囲内で、決済に利用することができるカードです。原則、発行にあたって審査は不要で、商品購入時に即時引き落とされるという点がプリペイドカードの特徴です。 一方のデビットカードは、支払うと同時に登録された銀行口座から引き落とされるカードです。 クレジットカードは後払いですが、デビットカードは都度払いとなっています。支払い方法は1回払いのみで、クレジットカードのようなキャッシング機能はついていません。

クレジットカードのランクの種類

まず、結論から先にいってしまうと日本国内でこれらのブランドを利用する場合には、 VISAカードだろうがMasterCardだろうが、そのサービス内容には大きな差はありません 。 そんな使える場所がほとんど同じなVISAカードとMastercardですが、国際的なシェアはどのくらい違うのかというとそれは下記の通り( NILSON REPORTより転載 )。 このApple Payではネット決済といって、ネット通販やタクシー配車サービス等でクレジットカード払いをそのまま利用することが出来る機能が備わっているのですが、このネット決済に対応するのはMastercardブランドだけとなります。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。