革新

カジノ関連の日本企業~セガサミーホールディングス

人気ゲームセガサミカジノ – 32833

IR法案が年に可決され、将来的に日本国内で大々的なカジノ事業が始まることは、すでにほぼ確定しています。日本は賭博行為(ギャンブル)を禁止していて、公営ギャンブルだけが例外的に認められる賭博行為で、それ以外は名目上存在していません。 しかし、「日本におけるギャンブル」というとやはりパチンコ、パチスロが筆頭でしょう。あくまでも「遊技」という位置づけでギャンブルではないという認識のグレーな存在ですが、これを除いて日本のギャンブルを語ることはできません。

カジノで遊んでみよう

ところがどっこい、じつはお隣の国、韓国にもカジノリゾートがあるんです。しかも、そのうちひとつを運営するのは、ゲームファンにはおなじみの セガサミー ! 同社の日本人ディーラーも在籍していて、 カジノ初心者の日本人も気軽に楽しめるカジノ になっているんだとか……。 セガサミー担当者 「ぜひお越しください! 5つ星ホテルのお部屋もお取りしておきますね。」。

ビジネスと観光、生活に役立つマカオ最新情報

セガサミーグループのカジノ機器メーカー、セガサミークリエイションは2月12日、同社製電子カジノマシン『BACCARAT MAXIMUM FORTUNE』をマカオ半島新口岸地区にある大型カジノ施設「MGMマカオ」に設置し、稼働を開始したと発表した。 セガサミークリエイション社製のカジノマシンは年以降マカオの複数の大型IRのカジノフロアで稼働しており、設置先が拡大する中、市場における同社及び同社製品の知名度や存在感も高まっている。 『BACCARAT MAXIMUM FORTUNE』の筐体イメージ c SEGA SAMMY CREATION INC。 Tweets by MacauShimbun。 会社概要 著作権 お問い合わせ 媒体資料 サイトマップ。 同機は、マカオのカジノで最も人気の高い、バンカー、プレーヤーの勝敗を予想するカードゲーム「バカラ」をモチーフにしたスタンドアローン型のETG(エレクトロニック・テーブル・ゲーム)。 筐体には32インチの大型アッパーモニタを備え、勝敗予想の鍵を握る「罫線(履歴データ)」が常時表示される。 また、勝敗予想が難しい時、BETせずにアクションボタンを押せば、瞬時にゲーム結果が確認でき、次のゲームに進むことができる「ゲームスキップ機能」を搭載。プレーヤーのタイミングでBETできるのが特徴となる。 バカラの魅力のひとつとなるのが「スクイーズ(絞り)」だが、なかなかテーブルでは挑戦する機会が訪れないものだ。同機には本物さながらのリアルな絞りの演出が組み込まれており、BETしたゲームでは、毎ゲームで「絞る」ことができるという。 同機はすでにマカオの別のカジノ施設で稼働しており、同社によれば高い評価を受けているとし、今後も複数のカジノへ導入予定とのこと。 設置先となるMGMマカオコタイはマカオのカジノ運営ライセンスを保有する6陣営の一角、MGMチャイナホールディングスが運営するIR(統合型リゾート)で、約室のホテル客室、アート施設、スパ、コンベンション施設、スパ、レストラン、ショッピングエリア等を併設する。オープンは年。 セガサミークリエイション社製のカジノマシンは年以降マカオの複数の大型IRのカジノフロアで稼働しており、設置先が拡大する中、市場における同社及び同社製品の知名度や存在感も高まっている。 『BACCARAT MAXIMUM FORTUNE』の筐体イメージ c SEGA SAMMY CREATION INC。

フィリピンでも稼働スタート!スタンドアローン型バカラゲーム

セガのオリジナルIP の代表格である「 Virtua Fighter 」シリーズは、世界初の 3D 格闘ゲームとして 年にリリースされ、25 年以上経った今でも、世界中の格闘ゲームファンから愛される大人気対戦格闘ゲームです。アーケードゲームの他に、家庭用ゲーム、モバイルゲーム、アニメ、コミック、パチンコ ・ パチスロ 等 幅広いジャンル へ展開されています。 ゾンビを撃ち倒すガンシューティングゲームとして世界的人気を誇る「HOUSE OF THE DEAD」(以下、HOD)シリーズは、年に第1作目がリリース。以降、アーケード版だけでなく家庭用ゲーム、モバイルゲーム、映画等に幅広く展開。最新作は年にリリースされ、20年以上に渡りファンを魅了しております。 両タイトルには、スロットリールを用いてバトルを行うボーナスフィーチャー『Battle Challenge feature(バトル・チャレンジ・フィーチャー)』(特許出願中)が搭載されています。当該フィーチャーでは、出現するシンボル数の多さで勝敗を決め、プレーヤーが勝利した場合にはボーナスプライズを獲得できます。 世界的に人気の高いIPゲームであると同時に、今までにない新たなボーナスフィーチャーを搭載したセガIPシリーズは、既存のスロットプレーヤーだけに限らず、新たなプレーヤー層の取り込みに貢献できるスロットゲームとなっております。 TOP 新着情報一覧 G2E Asia にてセガIPスロットゲームの全貌を公開 ~第1弾は『Virtua Fighter』と『HOUSE OF THE DEAD』~。 ゾンビを撃ち倒すガンシューティングゲームとして世界的人気を誇る「HOUSE OF THE DEAD」(以下、HOD)シリーズは、年に第1作目がリリース。以降、アーケード版だけでなく家庭用ゲーム、モバイルゲーム、映画等に幅広く展開。最新作は年にリリースされ、20年以上に渡りファンを魅了しております。 本スロットゲームではホラー映画を想起させるBGMやカメラカット等に加え、HODシリーズならではの次々とゾンビを倒す爽快感をボーナスフィーチャーで体験できます。スロットゲームでありながら、ガンシューティングゲームさながらの手に汗握るエキサイティングな演出で、スロット界に新風を巻き起こします。 業界初!スロットリールで戦うボーナスフィーチャー『Battle Challenge feature』 両タイトルには、スロットリールを用いてバトルを行うボーナスフィーチャー『Battle Challenge feature(バトル・チャレンジ・フィーチャー)』(特許出願中)が搭載されています。当該フィーチャーでは、出現するシンボル数の多さで勝敗を決め、プレーヤーが勝利した場合にはボーナスプライズを獲得できます。 世界的に人気の高いIPゲームであると同時に、今までにない新たなボーナスフィーチャーを搭載したセガIPシリーズは、既存のスロットプレーヤーだけに限らず、新たなプレーヤー層の取り込みに貢献できるスロットゲームとなっております。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。