革新

7/30: 日ディーラーはるかJOPTレディース祝勝トーナメント開催!

プレイヤー女性ディーラー – 21736

今回は、多くのプレイヤー達が もやもやを抱えながら も店側に放置されてきた問題に切り込んでいきます。前回と違い、店側もプレイヤー側も見られる内容になっていますが、向いている方向は完全に 店側 です。なにせプレイヤー側からは直接是正する事はできないのですから。

このクリエイターの人気記事

ゲストを楽しませ、とびっきりの時間を演出 カジノに遊びに来るゲスト(プレーヤー)は実に様々。あまりゲームを知らない人やゲームを楽しみたい人、勝負にこだわる人など、いろいろなプレーヤーが来場します。これらの人々のレベルに合わせて「楽しい時間を演出」して、気持ちよくカジノを楽しんでいただける配慮をするのもディーラーの仕事。 ウィットに富んだ会話、スムーズなゲーム進行、そして飲み物の注文にも気を配りながら、ゲームのスリルも楽しんでいただく。すべてディーラーのウデ次第です。「今日は楽しかった、また明日来ますね」とゲストに言われた時が、ディーラーとしての最高の喜びです。 洗練されたおもてなしを提供し、カジノの中心的な役割を果たす究極のサービス業、それがカジノディーラーです。 G O TO TOP。 カジノは今やアジアでのトレンド産業。日本でも開業準備着々と 現在世界一のカジノ売上を誇るマカオでは、約40ヵ所のカジノが開設されており、3万人のディーラーがいます。市場開放前と比較すると失業率は4%台から1%台へと大幅に改善し、カジノは地元の雇用促進に大きく貢献しています。シンガポールでは年に2ヵ所のIR カジノを含む統合型リゾート が開業し、大きな雇用と経済効果を生んでいます。そのシンガポールを抜く勢いにあるのがフィリピンで、現在首都のマニラ湾岸地区と空港隣接地区にカジノを併設した大規模リゾートが4ヵ所開業、5ヵ所目の開業の準備が進んでいます。お隣の韓国でも、仁川空港近隣に3ヵ所の大型カジノリゾートが計画中で、日本企業と韓国企業の合弁ですでに1ヵ所が開業しています。南のサイパンでも本島初のカジノが年より本格稼働し始めています。今やアジアにおいてカジノは国際的な観光拠点として都市のトレンド産業となっています。 政府は年11月にIR誘致申請期間を年1月4日から7月30日までとすることを発表しました。国内3ヵ所のIR認定区域は、年夏以降には決定する見込みで、各自治体、事業者の活動が熱をおびてくるでしょう。 ディーラーより上の 管理職も必要になります カジノのゲームフロアには、テーブルゲームのディーラー部門だけでも多くのポジションがあります。ディーラーからフロアパーソン、ピットマネージャー、シフトマネージャー、ゲーミングマネージャーと階級が上がって行きます。 飛び級でステップアップすることはほとんどなく、まずはディーラーからスタートして、ひとつずつステップアップして行くことになります。 すでに日本カジノスクール卒業生が、海外のカジノでディーラーよりも上のポジションに昇級し活躍しています。本物のカジノでの管理職の経験がある人は、日本にカジノができた際は貴重な人材として高待遇で迎え入れられることでしょう。 実際にお金を扱う仕事であるカジノディーラーに求められるのは「誠実さ」。海外のカジノでは雇用時に警察や金融機関によるバックグラウンドチェック(犯罪歴、クレジットヒストリー等)にパスすることがカジノで働くための第一条件です。また「次に出てくるカードを全部知っている」「ルーレットで狙った数字に玉を入れることができる」「お客様を勝たせたり負けさせたり自由に操れる」と思っている方も多いようですが、じつはこれ、すべて嘘なんです。カジノディーラーに求められるのは公平さと誠実さ。ごまかしや不正につながる動作を行うことはカジノ側から禁止されています。 もちろん、「計算が得意」「手先が器用」「接客が好き」であることに越したことはありませんが、計算や手さばきは練習で誰でも上達します。接客についても場数を踏むことによってカジノディーラーに必要なおもてなし方法を学ぶことができます。海外では第二の人生として退職後にカジノディーラーに転身する人も多く、年齢や性別に関わらず誰にでも目指せる人気の職業となっています。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

MAMIYA RUIKOさんインタビュー! Brian: 最近国内外ともに活躍がめざましいみぃさんですが、ASIAOPEN KOREA 1Kickoffの優勝を中心にお話を伺っていきたいと思います。 まずASIAOPEN KOREA 1Kickoffの優勝について感想を聞かせください。 みぃ: 私自身、初めての海外トーナメントの優勝だったのでものすごくうれしかったですし、お世話になっているKopaさんの主催するイベントだったので記念という意味でも忘れられないイベントとなりました。 Brian: 帰国時に小耳に挟んだのですが、トロフィーは結局。 お酒はほどほどにしたいと思います 笑。 Brian: 1Kickoffは全体を通してどのような戦いだったのでしょうか? みぃ: 前半は可もなく不可もなく徐々にスタックを増やしていけるような状況だったんですが、ITM インザマネー が決まる直前に10BB前後のショートになってしまい、耐え忍ぶ時間帯が続ききつかったです。 ITMが決まりショートのALLINが一段落したころにハンドが入りだしダブルアップを繰り返し、あっという間にチップリーダーとなりファイナルテーブルをむかえる感じとなりました。 その後も順調にポットを獲得し、ヘッズアップを程度の差でむかえることになりました。 ヘッズアップに苦手意識が若干あったのですが、ラッキーが重なりなんとか優勝できました。 トーナメント中は全く気づいていませんでしたが、ヘッズアップの相手はWSOP のブレスレットホルダーだったようです 笑。

ポーカープロ、ブラフ対決!- zesty-japan.com

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。