革新

住宅ローン控除(減税)の図解解説と減税額早見表2020-計算方法をわかりやすくシミュレーションで解説

控除率入金制限 – 11607

ふるさと納税と住宅ローン減税(控除)制度は、どちらも所得税・住民税として納める(納めた)分の税金を控除できる魅力的な制度です。ただ、「住宅ローン減税を受けているのに、ふるさと納税も併用できるの?」と疑問を持った方もいるのではないでしょうか。 実は住宅ローン減税制度を利用していても、多くの場合ふるさと納税でも控除を受けることができます。 以下でくわしく説明していきましょう。

実際の減税額のめやす(早見表)

首都圏 関西 | 名古屋。 前回、 「知っ得!住宅ローン控除のツボ」 というコラムを書きました。その際に取り上げたツボの1つに「ふるさと納税」がありました。今回はそのふるさと納税と住宅ローンの関係を掘り下げたいと思います。

住宅ローン控除が受けられる人の条件は?

確定申告は毎年2月16日から3月15日までが申告期限です。ただし、住宅ローン控除の申告は2月15日以前でも受け付けてくれます。特に税務署の窓口で申告する場合、申告時期は期限が近づくほど混雑する傾向があるので、スムーズに申告するためにも早めの手続きがオススメです。 住宅ローン控除以外にも税金の軽減措置や優遇制度などがあります。こちらの記事を参考にしてください。 住宅ローン控除だけじゃない。住宅購入でお得な優遇制度。 トップ 家とお金の基礎知識 住宅ローン控除等お得な制度 住宅ローン控除(住宅ローン減税)で税金はいくら戻ってくる? 家とお金の基礎知識 Menu。 住宅ローン控除(住宅ローン減税)で税金はいくら戻ってくる? 住宅ローン 住宅ローン控除 確定申告 税金。 住宅ローン控除が受けられる人の条件は? 住宅ローン控除を受けられるのは、住宅ローンを借りて家を買った人であることが大前提です。家というのは自宅のことであり、別荘や投資用の住宅を買った人は対象になりません。 控除を受けられる期間は「入居した年から10年間」なので、その間、年末まで住んでいることが原則的な条件です。また、入居は住宅の取得後6カ月以内でなければなりません。「取得」というのは新築住宅の場合は引き渡しを受けた日、中古住宅の場合は売買契約の日または所有権移転の登記をした日になります。 控除を受けられる人は、その年の合計所得金額が万円以下であることも条件です。合計所得金額とは、収入から必要経費や給与所得控除などを差し引いた所得の合計額のこと。収入が給与だけの場合、年収万円以下(年分まで)であれば控除を受けられます。 また買い替えの場合、新居への入居の年とその前後2年ずつの5年間に、前の自宅の売却に伴って万円特別控除や買換え特例などを受けている場合は住宅ローン控除を利用できません。ただし売却で損失が出た場合の譲渡損失の繰越控除と住宅ローン控除は併用することができます。 住宅ローン控除の適用を受けていた人が転勤でその家に住まなくなった場合、単身赴任で家族が住み続ける場合は引き続き控除が受けられます。家族も一緒に転居した場合、住んでいない間は控除が受けられませんが、10年間の控除期間中にその家に再び住んだ場合は一定の手続きをすることで残りの期間の控除を受けることができます。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。