革新

ルーレットで絶対勝つ!超高確率で的中する98.48%法(2/3ベット法)

配当の計算方法ルーレットで赤黒勝負 – 7039

確率論で行くと、それぞれの配当が当たる確率は以下の様になる。 0〜36の数字 37分の1 それぞれは、0があるので37分の1で確率が下がるがほぼ以下の確率となる。 1〜18・19〜36・偶数・奇数・赤・黒 2分の1 1〜12・13〜24・25〜36 3分の1 1〜34の縦のライン・2〜35の縦のライン 3〜36の縦のライン 3分の1。

ルーレットのオッズ・配当

ルーレットの賭け方のルール上「色は赤と黒の2種類」と決まっているので、 単純に赤色テーブルにベットすれば赤色ゾーンに玉が落ちれば勝ちというルールとなります。 一番勝率が高いとされているルーレットの賭け方の種類は 「レッド・ブラック」と言われる、玉が赤に入るか黒に入るかを賭ける賭け方と、「奇数偶数」かを当てる賭け方 です。 ルーレットの賭け方の禁止されている方法は、 「レッド・ブラック」「奇数偶数」といった2分の1で当たるような賭け方も、例えば「レッドとブラックの2つにベットする」という行為もNGです。 注意点 万が一そのルーレットの賭け方で禁止されているものを使った場合、 最悪の場合オンラインカジノでアカウント凍結されてしまうかもしれません! 期待値だけ考えたらベットよりも小さくなりますが、 ルーレットの賭け方の期待値はあくまで「この勝負で平均していくら貰えるか」を算出する数字です。 ルーレットの賭け方で赤黒(レッド・ブラック)賭けとは、 玉がホイールのどの番号に入ったかではなく「赤黒どちらの色に玉が入ったか」で当たり外れが決まる 賭け方です。

初心者におすすめのルーレット必勝法8選

まず、大前提に知っておかなければならないことは、 必勝法を利用しても最終的に絶対勝てるわけではない という事です。 アウトサイドベットエリアにあるコラムベットとダズンベットの、 2か所ずつの計4か所に賭け、勝率3分の1の賭けを利用した戦略 となります。

ルーレットで勝つために知っておきたい前提条件

ルーレットは、「カジノの女王」とも呼ばれる花形ゲーム。ルーレットと聞けばカジノを思い浮かべるのではないでしょうか。 大きいテーブルに大きいホイール(回転盤)にディーラーがボールを回す姿は非常に格好がいいものです。 ただ、チップの色が限定数しかないために参加人数が限られます。赤・黒に賭ける程度で参加するのはどうしても敷居が高く感じます。 また、ベテランディーラーならば狙ったポケット近辺にはボールを落とせるということです。 そのために、ボールを回転させてからもベットが可能ですね。オンラインカジノでもライブゲームなら可能でしょうが・・やってないでしょうね。 それほどのベテランディーラーはいないですし、コンピュータ画面を見ながらのカメラ前での操作ですからね。見る人が見ればすぐにわかります。 ルーレットのホイール(回転盤)には均等に区切られたボールの落ちるポケットがあり、数字が記されています。 ポケットには赤か黒かの色がついており、0(00、)は緑色です。 ホイールの種類はヨーロピアンスタイルルーレット、アメリカンスタイルルーレットの2種類が主流で、ホイールの種類によって数字の並びやオッズが異なります。 ヨーロピアンスタイル 37区分(1から36、0) アメリカンスタイル 38区分(1から36、0、00)です。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。