革新

NSW当局がメルコリゾーツによるクラウンリゾーツ株取得への公式調査を発表

法案メルコクラウンカジノ – 41035

この調査は、22億豪ドルをかけて建設中のクラウン・シドニーのカジノ 年完成予定 経営と運営が犯罪組織の影響や搾取のない状態を維持していること、ゲーミングが「公益や個人及び家族に害を及ぼす…可能性を管理しながら」誠実に行われていることを確かにするために行われる。

カジノ大手「マカオから大阪へ」

正式にはまだ何も決まっていない。しかし、推定市場規模が1兆円以上とも言われる日本のIR カジノを含む統合型リゾート は、何も決まっていない段階から常に極めて高い注目を集めてきた。特に、今国会ではいよいよ可決の見込みが強いことから、一層その気運が高まっている。 また萩生田氏は、日本人には円ほどの入場料を課すのがいいと思われることを同誌に語っている。邦人への入場料課金は、シンガポールの例に倣ったものである。シンガポールでは、シンガポール国民は1回の入場にシンガポールドル 約円 を払うか、もしくはシンガポールドル 約17万円 の年間パスが必要となっている。外国人は入場無料である。 匿名希望の都職員たちの話では「都知事はオリンピック準備の膨大さに圧倒されてしまい、カジノを後回しにせざるを得なくなったのでは」と語られている、と同メディアは報じている。さらに職員たちの話によると「都はコストが心配になってきたので、オリンピック計画のスケールダウンを考えている」とも囁かれているらしい。電通の岡部智氏 カジノ・観光プロジェクト部部長 は「コストの膨張は、外資のデベロッパーにとっても懸念となっている」と発言している。 一方MGMはいまだシティー・センター ラスベガスの複合リゾートで、うちひとつのホテルに構造上の欠陥が発覚し開業することなく解体中 の痛手から回復の途中である。シティー・センターについては「かかわるデベロッパーが多過ぎると失敗する例」と指摘している。 日本版カジノのすべて しくみ、経済効果からビジネス、統合型リゾートまで [amazon]。 Signpostは、NewSphere のフード&トラベルセクションです。世界と繋がるミレニアル世代に向けて、世界の食文化と体験、暮らしぶりを紹介するメディアです。

メルコ・クラウン・エンターテインメント

世界のカジノ大手のトップたちは、今年も東京で開かれた経済イベントに集まりカジノ解禁に向かう日本にラブコールを送った。ラスベガス・サンズやメルコ・クラウン・エンターテインメント、 MGMリゾーツ・インターナショナル(MGM Resorts International) は今後、日本における巨大統合型リゾート・プロジェクトを進めるための活動をさらに活発化させ、国内のパートナー企業との連携を深めていく。 MGMリゾーツのCEO、ジェームス・ムーレン(James Murren)氏は2月22日、投資額を見積もるのは時期尚早としながらも、「億ドル(約1兆億円)近辺が妥当な額」とコメント。マカオやマニラでカジノリゾートを運営する メルコ・クラウン(Melco Crown Entertainment) は同日、日本のIR構想の計画、開発、運営を行っていくコンソーシアムを組成する方針を明らかにした。最高経営責任者(CEO)のローレンス・ホー(Lawrence Ho)氏は、候補地の大阪を想定したコンセプト・イメージを記者団に披露。同社が候補地の1つである大阪に照準を絞っていることを示した。 メルコ・クラウンのホー氏は、日本への投資額について「この機会はプライスレスだ。上限を決めるようなことはしたくない」とした上で、「我々は過去10年間、日本で活動を行ってきている。その中で、一番注力してきたのが大阪だ」と 述べた 。一方、MGMリゾーツのムーレンCEOは、現在東京にある20名体制のオフィスを拡大すると表明。現在、小売や食品、飲料、不動産、建設業などの幅広い業界の日本企業と協議を進めていると話した。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

写真 と 解説 日本での統合型リゾート開発について、自身のビジョンと取り組みについて語るMCEの会長兼最高経営責任者、ローレンス・ホー デイム・コマンダー章受勲の故ザハ・ハディッドが設計コンセプトを手掛けた当社のIRプロジェクトのプレビューを行うMCEの会長兼最高経営責任者、ローレンス・ホーと上席副社長・最高財務責任者、ジェフリー・S・デイビス セーフ・ハーバー条項 本リリース資料には、年米国私募証券訴訟改革法(the U。 Private Securities Litigation Reform Act of )のセーフハーバー(safe harbor)条項で定められている「将来予想に関する記述」(forward-looking statements)が含まれています。書面によるか口頭によるかを問わず、当社が米国証券取引委員会(U。 Securities and Exchange Commission(SEC))に定期的に提出する報告書類、株主向けの年次報告書、プレスリリースその他の文書、および当社の取締役、役員、従業員が第三者に向けて話される発言内容にも、同様の「将来予想に関する記述」が含まれている場合があります。会社が信じていることや見込んでいることなど、過去の歴史的事実ではない内容はすべて「将来予想に関する記述」です。これらの「将来予想に関する記述」には、リスクや不確定要素を内在しており、多くのさまざまな要因により、実際の結果が「将来予想に関する記述」の内容と著しく異なる場合があります。これらの要因とは、 i マカオやフィリピンでのゲーム市場及び訪問者の成長動向、 ii 資本市場や金融市場の変動、 iii 各地および全世界レベルでの経済状況、 iv 当社が見込んでいる成長戦略、 v 当社の経営状態や財務状態の結果生じる将来の事業の進展などが含まれますが、この限りではありません。「かもしれない」、「だろう」、「期待される」、「予定である」、「目指す」、「狙う」、「見込む」、「意向である」、「計画である」、「信じる」、「潜在的な」、「継続する」、「となる模様」といった記述やそれに類似する表現により「将来予想に関する記述」を特定できる場合があります。それらのリスク、不確定要素、変動要因その他に関するより詳細な情報は、当社がSECに提出する報告書類に記載されます。本リリース資料に記述されるすべての情報は、本リリースが発表される日付時点のものであり、適用される法令において必要とされる場合を除き、当社は、それらの情報の訂正や更新をする義務をいっさい負いません。 メルコ・クラウン・エンターテインメント・リミテッドについて メルコ・クラウン・エンターテインメントは、香港証券取引所および米国ナスダックに上場するアジアにおける総合リゾート開発・運営会社です。現在、台北のカジノ・ホテル「アルティラ・マカオ www。 com 」及びマカオのコタイにあるエンターテインメント総合リゾートの「シティ・オブ・ドリームス www。 com 」、さらにマカオで最大級の非カジノ・テーブル式の電子ゲーミングマシンを展開する「モカクラブ(Mocha Clubs) www。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。