レビュー

【全解説】ゼロから理解する「決済代行」が必要な理由と会社の選び方

を選ぶべき理由入金条件つき – 9100

インターネットへのアクセスの普及と利便性を求める顧客の飽くなき欲求に支えられ、Eコマースは世界中で急速に進歩しており、 年には 4 兆ドルに達すると予測されています(出典: eMarketer)。しかし、オンライン決済に関して、国際的に展開し、Eコマースがもたらす膨大な機会を利用しようとする企業は、顧客のさまざまな好みに幅広く対応しています。商品の引き渡し条件がまったく異なるだけでなく(たとえば、ヨーロッパや東南アジアで一般的な「商品配送後の代金払い」方式では、代金の回収を期待できるのは商品の配送後になる)、オンライン取引に使用する決済手段自体も異なります。クレジットカードとデビットカードによる決済は、世界全体でオンライン取引の半分でしか使われていません。銀行振込、デジタルウォレット、および現金払いの顧客需要は高く、企業にとっても、リスクを低減し、取引コストを削減できるなどのメリットがあります。

【店舗向け】スマホ決済のメリット

個人事業主は個人名義口座でも屋号付き口座でも取引を行うことが可能です。しかし、公私同一の個人名義通常口座を使い続けるか、 屋号付き口座の開設をするか、お悩みの個人事業主の方も多いのではないでしょうか。この記事では、口座のプライベートとの使い分けや屋号付き口座にするメリット、手続きについてご説明しています。様々なメリットを受けられるので、この記事をお読みいただき、是非とも屋号付き口座の開設をご検討ください。 まず挙げられるメリットは、業務用とプライベート用の口座を分けておくことで、その事業に関するお金の流れのみが業務用口座内に蓄積するというものです。これによって、 あとで口座を見たときに資金繰りが非常にわかりやすくなります。 確定申告における作業時間の短縮は大きなメリットです。 確定申告では、事業で発生した収入や経費を申告します。 しかし、屋号付き口座であれば、口座名に屋号 店の名前 が掲載されているため、安心感と信頼感を与えることができるのです。 そこで面倒な書類集めや口座開設を依頼したいときは 税理士 に相談しましょう!

【消費者向け】スマホ決済のメリット

キャッシュレスとは、クレジットカードや電子マネー、口座振替を利用して、紙幣・硬貨といった現金を使わずに支払い・受け取りを行う決済方法のことです。 個人の消費者が、どのシーンでどれくらい使い、どのようなメリットを享受するのか、そして本当にキャッシュレスは浸透しているのか。アンケート調査をもとに、各キャッシュレス決済が、私たちにどのような変化をもたらしているのか確認していきましょう。 クレジットカード決済導入の初期費用と決済手数料は? インバウンド需要に対応する、クレジットカード決済導入のポイント。 また、より利便性の高いキャッシュレスを普及させるべく、LINE Pay、楽天ペイ、Origami、PayPay(ペイペイ)、メルペイに代表される「コード読み取り型」の存在感も増しています。コード読み取り型は、店頭に置かれたQRコードをスマートフォンの専用アプリで読み取ったり、あるいはスマートフォンの専用アプリでQRコードやバーコードを表示させて店舗のPOS端末で読み取ったりする方式です。これらも各サービスによって前払い、即時払い、後払いに分かれます。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。