レビュー

ルーレット、トリプルゼロ(0、00、000)が常態化

カジノのレビュルーレットで赤黒勝負 – 7737

ルーレットの賭け方のルール上「色は赤と黒の2種類」と決まっているので、 単純に赤色テーブルにベットすれば赤色ゾーンに玉が落ちれば勝ちというルールとなります。

バナー・ベラジョンカジノ

mixiユーザー 年12月05日 。 コメント 58。 ベラジョン カジノ。 FX 初心者が気軽に質問OK。

関連記事(一部広告)

ラスベガスのカジノにおけるルーレット台において、 「トリプルゼロ」 (写真)が広がりを見せている。  これは、カジノ側の利益を拡大するためのルールの改変であり、プレーヤーである客にとっては大いなる改悪。  つまり極めてゆゆしき問題であり、客側の対応策や注意としては、 このようなルーレット台には絶対に近寄らない ことだ。  まずは、ルーレットにくわしくない読者のために、ルーレットの基本について簡単にふれておきたい。 ルーレット台には(と同時に、ルーレットの回転ホイールには) 1番から36番までの番号があり、それぞれが 赤 か 黒 に色分けされている。赤、黒 18個ずつの同数のため、玉が落ちた番号が赤になるか黒になるかの確率は半々。  したがって、払い戻し倍率も 1倍、つまりたとえば、赤に10ドル賭けて的中すれば10ドルが払い戻される。もともとの賭け金の10ドルも含めれば 2倍の 20ドルが戻ってくることになる。 同様に、偶数か奇数かに賭けることもでき、これも半々の確率なので、払い戻しの倍率も赤黒のときと同じだ。  ただ、このままだとカジノ側が勝つか客側が勝つかの確率は互角で、カジノ側に有利性はない。つまり利益が期待できない。 カジノの運営には、家賃も人件費も光熱費も必要なので、多少の利益が確保できなければ経営が成り立たないことはだれにでもわかること。  そんなカジノ側の事情のために用意されているのが、 0番 と 00番 だ。  この2つの番号は赤でも黒でもなく 緑 で、また偶数でも奇数でもない扱いになっている。

GTA5神アプデ記念【なぎら企画】ルーレットの0と赤/黒に100回ベットしてみたぜぇ!(勝ったとは言ってない)

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。