レビュー

オンラインカジノの運営の仕組みを解説!ライセンスで信頼性をチェックしよう

プレイヤーオンラインカジノ公平 – 55340

こんにちは!Casimo編集長の笠原豪です。 今回はみなさんが気になっている「 オンラインカジノとは? 」についてご紹介していきます。

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

オンラインカジノで遊べるゲームのほとんどは、運営会社がソフトウェア会社の制作したゲームライセンスを購入し、私たちプレイヤーが遊べる仕組みになっています。 そのため、ゲームの公平性や魅力のほとんどはソフトウェアで決まると言っても過言ではないのです。 もしも、このソフトウェアのセキュリティに問題があると、勝率を意図的に操作するなどの不正行為が簡単に出来てしまいます。 そのような不正行為の被害に遭うのは絶対に避けたいものですが、勝率が操作されているかどうか、プレイヤー側から判断するのは困難です。 今回は、数あるソフトウェアの中でも多くのオンラインカジノに採用されている超人気ソフトウェアを3つご紹介します! もちろんこの3つのソフトウェアは信頼性も兼ね備えているので、安心してプレイしてくださいね。 Microgaming(マイクロゲーミング) はカジノソフトウェア界において老舗かつ最大手の一流ソフトウェア会社です。年創業という長年の歴史と信頼性の高さ、ハイクオリティなゲームから常に高い人気を誇ります。 マイクロゲーミングのゲームの特徴は、美しいグラフィックと高品質なサウンド。ゲーム開発数が業界内でも最多なので、飽きることがありません。 映画をモチーフにしたスロットなどタイアップが多いのも人気の理由です。 Playtech(プレイテック) は年創業と比較的新しいソフトウェア会社ながら、ゲームのクオリティの高さが支持され急成長を遂げたゲームソフトウェア会社です。 今やマイクロゲーミングと並ぶほどの大企業となっています。

【Multiplier Riches】固定ワイルドとマルチプライヤー機能搭載の1ペイライン・クラシックスロット

オンラインカジノの法律面での議論は、本当に沢山の場所・ニュースで扱われているので多くの知識を持っている方もいるとは思いますが、日本には「オンラインカジノに適用する確固たる法律」がありませんので、日々最新情報が変わっています。 これまでの情報や事件を含め、現在のオンラインカジノの立ち位置が理解できる様に解説します。 オンラインカジノは、主にはイギリスやマルタ共和国、フィリピンなど、政府機関から運営の認可を受けてサービスを提供しています。 認可を与えている以上、違法では無く合法と国が認めているのです。 これらの国の多くはランドカジノも合法の場合が多く、そのインターネット版であるオンラインカジノにも同様に合法となっています。 カジノのみでなく、オンラインギャンブル全般(ブックメーカー・オンラインポーカーなど)も同様です。 また、有名な事業者には、株式上場している企業もあり、社会的にも認められており、疑う余地はありません。 海外で合法のサービスを日本国内から利用する事に関しては、また意味合いが変わってきます。 日本人がラスベガスにいってカジノで遊んでも、合法国での遊戯なので、全く問題はありませんが、これが日本国内であれば、「闇カジノ(違法カジノ)で賭博行為をした」とみなされ、賭博罪に問われる事になります。 これはここ数年、芸能人やスポーツ選手で話題になったので、かなり解りやすいかと思います。 ですが、インターネットを介して合法国のサービスを日本国内から利用する場合は、確実な論理はありません。

バナー・ベラジョンカジノ

実は海外のカジノの殆どが、大手企業によって運営されており、中には海外で上場している企業も運営に携わっています。 海外、特にEU諸国では、オンラインカジノはポピュラーなエンターテイメントとして認識されている為、オンラインカジノ運営会社の名前やロゴはテレビCMや、巨大広告などで頻繁に目にすることができます。 運営会社 オンラインカジノサイトを運営する会社。業務内容はサイト管理やプレイヤーに対してのサービス全般。(サポート、入出金管理、プロモーション企画等)プレイヤーからの入金や出金があった場合、決済会社に清算する仕組み。 政府(ライセンス発行機関) 運営許可としてライセンスを発行する。オンラインカジノ運営会社が、健全に運営する体制が整っているか確認する。(第三者監査機関の監査が定期的に監査を行っているか?不正がないか?等)。 第三者監査機関 公平性のある運営を行っているか確認する機関。運営会社だけでなく、ゲームプロバイダーに対してもゲームの公平性が保たれているか監査する。

プレイヤーオンラインカジノ公平 – 37644

1. オンラインカジノの運営者

ベラジョンカジノで遊べるゲームのほとんどは、運営会社がソフトウェア会社の制作したゲームライセンスを購入し、私たちプレイヤーが遊べる仕組みになっています。 そのため、ゲームの公平性や魅力のほとんどはソフトウェアで決まると言っても過言ではないのです。 GameCareは第三者監査機関の一つで、カジノプレイヤーを守るためにギャンブルのサービスを認定する活動を行っている慈善団体です。 ベラジョンカジノが認証を受けている第三者監査機関やライセンスなどのロゴは、公式サイトのトップページ下部にわかりやすく記載されており、利用者に情報を開示していることから信頼性が高いといえます。

2. 図解で読み解くオンラインカジノの運営

オンラインカジノとプレイヤーのお金の仲介をしている決済会社、これはオンライン電子決済サービスが主流です。ほとんどのカジノの入出金方法として採用されている、 ecoPayz(エコペイズ) や iWallet(アイウォレット) がオンライン電子決済サービスと呼ばれています。 ライセンスの審査が厳しいマン島で年に創設された会社です。オンラインカジノだけでなく本場のマカオやラスベガスにあるカジノでも採用されるほどの技術力で、年にはロンドン株式相場にも上場しました。 グラフィック性のすばらしさや快適な操作性などで、マイクロゲーミング社とともにオンラインカジノ界では外せないソフトウェア会社です。 正式名称は、Technicai Systems Testing。特にゲームソフトの技術面について厳しくチェックしている機関です。オンラインカジノだけでなく、アメリカの宝くじやヨーロッパにあるカジノのスロットマシンなどの公平性も審査しているので、その審査の厳しさは中々なものです。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。