レビュー

アクロディア、東南アジア圏で統合型リゾート施設関連事業を行うホートラムジャパンと業務提携~今夏からのサービス開始を~

オンラインを始めのカジノがフーコック – 13114

徳嶺 勝信 。

産経デジタルサービス

ベトナム・ハノイでリキシャに乗る中国人観光客。観光振興に注力するベトナム政府は、カジノリゾート建設で観光客の誘致強化を図る(ブルームバーグ) 【拡大】。 現在位置: トップ 政策・市況 海外情勢 ニュース詳細 政策・市況 総合トップ 国内 海外情勢 市況 フォト。 省当局の統計では、同島の2011年から13年までの域内生産(GDP)成長率は年平均26.2%だった。13年の1人当たりGDPも3347ドルで04年の8倍に達しており、近年はフーコック国際空港やアントイ国際港といった大型のインフラ整備事業も進んでいる。  ベトナムでカジノリゾートの認可を受けたのは、フーコック島が8カ所目となる。これまでに営業を開始したのは6カ所で、南部バリアブンタウ省で13年に開業したグランド・ホートラムがゲーム台90台、ゲーム機1000機で最大規模。総工費は42億ドルで現在も第2期工事が進んでおり、最終的にはゲーム台が180台、ゲーム機が2000機になるという。  同国政府は、フーコック島を20年までに経済特区とし、年間観光客200万~300万人、観光収入約8億ドルを目指すとしている。その一方で、アジアのカジノ産業は世界最大規模のマカオをはじめ、シンガポールや韓国、フィリピンなどが観光客誘致でしのぎを削っており、今後は競争も激しさを増していくとみられる。(シンガポール支局)。 フィリピン、新関税適用でEU輸出拡大 東南アジア地域で初のGSPプラス適用 中国、P2P融資で破綻急増 ネット金融成長分野に規制強化の声 インド、モバイルバンキング急増 2年で12倍 スマホ普及後押し ラオス、最低賃金引き上げ 3割増 労働力流出を抑制 フィリピン、インフラ遅れ伸び悩む観光 14年外国人旅行者650万人の目標届かず。 関連ニュース 中国経済減速、強まる警戒感… 急低下する国際競争力、構造改革が鍵に 韓国、14年若年層失業率 最悪9.0% 「多大な損失」と警鐘 日本式サービスが業績牽引 ヨーカ堂など小売業界激戦区の成都で健闘 中国保険会社、NYなど侵食 高級物件買い、不動産価格押し上げ 原油下落 マレーシア自動車販売に追い風 印 粗鋼生産、15年度世界2位 インフラ開発で需要増予測。 一覧 に遷移する。

ベトナム:Suncity、周大福、現地企業がクアンナム省で$4bnプロジェクトを計画

昨年1月にオープンしたコロナリゾート アンド カジノは、タツノオトシゴのような形をし、真珠と胡椒で有名な、ベトナムの西海岸にある美しいターコイズブルーの海に囲まれた㎢の島、フーコ ック島のホスピタリティブームの一部となっている。ベトナムの政府は、投資家向けの税制および土地賃料優遇措置、政策変更、拡張に乗り出した新国際空港などのインフラの改善をもって、フーコ ック島での開発を推し進めてきた。現地および世界的な高級ホテルブランドがその市場に流れ込み、フーコックの小規模リゾートやバックパッカー用の宿を補完している。 コロナは特に2つの政策変更から恩恵を受けている。年、政府は30日以内の滞在の外国人に対してフーコック島へのビザ免除入国 ただしベトナムの残りの地域はビザが必要 を開始した 同年、フーコックはベトナムの国営電力系統に接続された 。年1月、政府は規制を緩和し、ベトナム人の指定カジノでのプレイを許可した。 豊富な資金とギャンブル性向を持つ巨大な人口ベースは、あらゆるカジノ事業者にとって幸せな日々を意味する。しかし、今後 実験プログラム以降)開業までこぎつけられるのか?」と語る。 ホートラムでベトナム初のビーチフロントカジノを運営した経験を持つマクカムリー氏はこう分析する。「時間が経てばわかるが、個人的な感じでは、すぐに起こることはない。ギャンブルはまだ政治局の一部の上級職員の中では大きく意見が分かれる話題だ」。

オンラインを始めのカジノがフーコック – 21343

株式会社アクロディア

12148Nirvana Nirvana. NetEntKoi Princess. 1 Koi Princess PC 112408011130 2.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。