レビュー

カンボジア、カジノの好況を受け建設部門投資が拡大

新規登録カンボジアカジノ – 57869

フォロー中 フォローする フォローする。

カンボジアの経済について、お堅い数字の話から、グルメ情報といったやわらかい話まで、ビジネス関係の方にお役に立つブログです

ホーム ニュース 社会 カンボジア政府カジノ規制で管理機関新設へ。 カンボジア政府は国内のカジノに対する規制を強くするために、2017年新たな賭博法が成立させる予定だ。犯罪や不正取引などで得た資金を正当な事業活動で得た資金のように見せかける資金洗浄やギャンブルが原因で発生するトラブルを防止するために内務省に2つの部署が新設される予定だ。 先月27日のカンボジア・デイリーの報道によると、フン・セン首相は国家警察中央保安部の下に2つの部署を新設する法令に署名したという。 この法令が施行されるとカジノ事業は賭博事業の調査やクラブやカジノで起こることが多い資金浄化の抑制をする反商業賭博課の調査対象になる。同課は賭博が禁止されている人々がカジノに出入りしていないかの監視も行う予定だ。 おそらく、税率を上げることや、財務監督の強化、政府が管理する賭博の決済システムの確立で規制をかけるなどとして、政府は新たな賭博法成立の準備はできている模様だ。以前、政府が発表した統計によると、カンボジア国内でカジノを運営する公式許可を持っている組織は65にのぼる。そのほとんどはタイやベトナムとの国境近くでカジノを運営しているという。 news。

ナガワールド(Naga World)って?

プノンペンのカジノについて気になる方も多いのではないでしょうか。プノンペンには「ナガワールド(Naga World)」という有名で大規模なカジノがあります。年初旬、前年における「ナガワールド」のVIP顧客による賭け金総額がカンボジアのGDPを超えたというニュースが在住者の間で駆け巡り、衝撃を与えました。 服装について気になる方もいるかもしれません。「ドレスコードがあるの? 」「カジュアルな格好で行ったら浮く? 」という不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか。心配は無用です。「ナガワールド」では服装に関する規則は特になく、半袖短パンの人、サンダルの人、スーツの人、ドレスコードの人、はたまたパジャマのような格好の人など、様々です。ご自身のいつもの服装で行って問題ありません。 プノンペンの中心に佇む本格イタリアン「il forno(イル フォルノ)」。 シックな大人空間で、ピザやパスタをはじめとする幅広い本格イタリア料理を愉しむことができます。 大切なお食事のもう一つの主役として、オーナー自らが厳選したワインも充実のラインナップ。

カンボジア政府カジノ規制で管理機関新設へ

カンボジア政府は今年の8月にオンラインギャンブルのライセンスについて、新規発行・更新を行わないことを決定した。既存のライセンスはそのまま有効だが、ライセンスの期間は1年間であるため、最長でも来年年の8月にはオンライン・ギャンブルがカンボジアで全面的に禁止されることとになる。  規制の発端となったのはカンボジアのリゾート地として知られるシアヌークビルで中国系カジノが行っているオンライン・ギャンブルが詐欺などの悪質な犯罪の温床になっており、カンボジア政府が対策にのりだした点があげられる。また中国政府が、中国からのオンラインギャンブリング経由の中国本土からの資金流出を止めたがったと言う話もあるという。シアヌークビルは最近になって急速にリゾート地化が進んだ沿岸地域で、特に中国資本による観光開発、カジノホテルの発展が著しいとされる。同地域の発展に中国資本は今や欠かせない状態であり、 中国政府側がオンラインカジノを停止しないとこれ以上投資しないという圧力をかけた事がカンボジア政府の重い腰を動かしたと言う見方もある 。 カンボジア政府、オンラインギャンブル禁止へー中国系犯罪グループの温床根絶のため 5。 自宅からでもギャンブルを楽しむことが出来る『オンラインギャンブル』はグローバルでみると成長市場だが、カンボジアでは来年にも禁止になる。 カンボジア政府は今年の8月にオンラインギャンブルのライセンスについて、新規発行・更新を行わないことを決定した。既存のライセンスはそのまま有効だが、ライセンスの期間は1年間であるため、最長でも来年年の8月にはオンライン・ギャンブルがカンボジアで全面的に禁止されることとになる。  規制の発端となったのはカンボジアのリゾート地として知られるシアヌークビルで中国系カジノが行っているオンライン・ギャンブルが詐欺などの悪質な犯罪の温床になっており、カンボジア政府が対策にのりだした点があげられる。また中国政府が、中国からのオンラインギャンブリング経由の中国本土からの資金流出を止めたがったと言う話もあるという。シアヌークビルは最近になって急速にリゾート地化が進んだ沿岸地域で、特に中国資本による観光開発、カジノホテルの発展が著しいとされる。同地域の発展に中国資本は今や欠かせない状態であり、 中国政府側がオンラインカジノを停止しないとこれ以上投資しないという圧力をかけた事がカンボジア政府の重い腰を動かしたと言う見方もある 。 この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。 サポートをすると、フォロワーに記事をオススメすることができます!

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。