スマホカジノ

ベアビック法はルーレットに94.5%勝てるってホント?

勝てるカジノフレンチルーレット – 62154

ルーレットは「カジノの女王」とも呼ばれ、多くの人がプレイする人気ゲームです。しかしこのルーレットには0から36までの37通りがある「フレンチルーレット(ヨーロピアンルーレット)」と0から36、そして00の38通りがある「アメリカンルーレット」の2つが主流とされます。この2つのルーレットはカジノのある国や地域によって採用しているものに違いがあります。 またルーレットの賭け方も当たる数字ひとつに賭ける「ストレート」や隣り合うふたつの数字に一度に賭ける「スプリット」などさまざまな種類があります。 また数字に賭ける「インサイドベット」、列などのカテゴリーに賭ける「アウトサイドベット」とあり、倍率なども変わってくるので見た目のシンプルさとは裏腹に賭け方や勝つための戦術も奥深く、勝つのはなかなか難しいものです。 そんなルーレットの攻略法として 「ベアビック法」 と呼ばれるものがあります。「ベアビック法」はルーレットの戦術のひとつですが、ゲームごとの勝率が94。

666戦略の賭け方と実践例

借金返済の窮余の策としてオンラインカジノを始めたが、さして儲からないのにも関わらずゲームの楽しさに魅かれ、一攫千金を夢見て日々、カジノについて学ぶ事をライフワークと定めた。 好きなゲームはフレンチルーレットとビデオポーカー。ビデオスロットには否定的感情を持っているが、ときどき発作的にスロットで遊び倒す事も少なくない。 マカオで初めてカジノを体験し、その面白さにハマってオンラインカジノの世界へ。 一番興奮するのはバカラで罫線予測(主に小路)で他のプレイヤーが大路予測で賭けている逆に賭けて勝利した時。 酒とゲームとギャンブルを糧に生きる漢。 好きなタイミングで24時間遊べるオンラインカジノにご執着。 新機種やイベントが好きなミーハーな一面も持つ。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

ただ、フレンチルーレットは、ヨーロピアン同様1~36と"0"の計37個の整数で成り立っており、ハウスエッジ 控除率 と期待値も、ヨーロピアンルーレットと同じです 詳細については、 ヨーロピアンルーレットのハウスエッジ を参照。 ハウスエッジ 控除率 というのは、簡単に言えば 胴元の利益 のことを指します。 言い換えれば、ある賭けに対して勝った場合、本来理論上もらうべき配当から差し引かれる金額、つまり 手数料 のことをいいます。 ペイアウト率とは、ゲームに勝って理論上もらうべき配当の中からどれくらいのお金が手元に戻ってくるかの指標を指します。別名、 期待値 ともいいます。 控除率とペイアウトとの関係は、「 控除率 + ペイアウト率 =%」が成り立ちます。 アンプリゾンというのは、フランス語で「EnPrison」と書き、「監禁、囚獄、囚人、捕虜」を意味しています。 人間が犯罪を犯して「刑務所入り」されるのを連想するように、賭け金も出た目に応じてカジノで一時拘束される形となります。 ヨーロッパでの本場カジノでは、アウトサイドベットのイーブンベットでプレイ時に"0"が出た場合は、賭け金の半額が手元に戻され、もう一方の半額は保留されます。保留された金額は、次回のゲームで同じ賭け方で勝てば、無事にプレイヤーの手元に戻されます 負ければ没収。 例えば、「アウトサイドベットの赤黒」の赤に2ドルを賭けて"0"が出た場合、半分の1ドルはプレイヤーの手元に戻され、残りの半分1ドルのチップはレイアウトのアウトサイド 赤の部分 に置いたままの状態にします。 次のゲームでも同じイーブンベット 赤黒 で赤が出れば、残りの1ドルもプレイヤーの手元に戻されます 黒が出れば、1ドル没収。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。